季節のコラム
 
 ■   こんなにある歯が原因の病気
   
 
 
普通、虫歯や歯周病と言うとお口の中だけに限られた病気と考えられている方が多いと思います。
しかし、思いもかけない病気の原因になっている事が少なくありません 。
最近、一般的に知られるようになってきたのは歯周病と糖尿病との関係です。
歯周病によって糖尿病が悪化することや逆に糖尿病の方は歯周病が悪化しやすいなどかなりの相互関係があることも知られてきました。今までも糖尿病の患者さんには歯周病との関係を診療の際、お話してきましたが最近では病院の担当の先生から、糖尿病治療の一貫として歯周病治療をうけるようアドバイスされて来院する患者さんもいらっしゃるようになりました。
女性の場合妊娠出産と歯周病との関係も重要です。
最近歯周病に侵されている母親は早産や低体重児出産のリスクが高くなるという論文も発表されています。
心臓病を引き起こすこともあります。
歯周病や虫歯の菌が血管やリンパを通って心臓に入っていき「細菌性心内膜炎」という心臓の病気を引き起こす事もあります。心臓に疾患のある方が歯の治療をする際には、お口の中の細菌が血液に入り込まないよう抗生剤の投与をしながら行わなければならない場合もあります。
誤嚥性肺炎はお口の中から。
誤嚥性肺炎も、お口の中の食べ物や細菌が気管内に入ることによって引き起こされます。これは高齢者死亡原因の高い割合をしめています。他にもいろいろな疾患との関連がお口の中の病気あると言われています。
お口の中は、身体の状態が表れます。
虫歯や歯周病も細菌による感染症と考えられますが、その発病は単純に細菌のみが原因でなく、いろいろな要因が複雑にからみあっています。(噛みあわせ、歯並び、免疫力、睡眠時間、食事内容、etc.)また、急に発病するのではなく、その人の長年の生活習慣も大きく影響を及ぼしています。長年患者さんを見ているとその方の健康状態がお口の中に表れるのがよくわかります。
不規則な生活をして睡眠時間が短い、食生活に問題がある、喫煙習慣がある、など生活習慣に問題がある方は例え10代、20代でもお口の中の状態はよくありません。また治療の効果があがらないなど様々なトラブルが起こってきます。反対にかなりの高齢になっても健康的な生活をおくっている方はお口の中も健康な場合が多いです。

このようにお口の中には身体の様々な情報が隠れています。たまには鏡に映してあなたのお口の中を観察してみてはいかがですか?歯、歯肉、舌... などきっと何か新しい発見があるでしょう。
 
 
 
Copyright 2006 Mikami Dental Clinic All Rights Reserved.